HOLGA120S

HOLGA120シリーズの歴史

HOLGA120S
HOLGA120SはHOLGA120シリーズの初代機でした。

一番最初のHOLGAがHOLGA120S。その後、フラッシュ内蔵の機種とガラスレンズ搭載のWOCAが発売されました。

旧HOLGA120シリーズ
プラスチックレンズ ガラスレンズ 特徴
HOLGA120S WOCA120G
HOLGA120SF WOCA120GF フラッシュ付き

その後、6×6フレーム、巻き太り防止スポンジ、バルブ・シャッター、三脚穴が装備された新HOLGAシリーズに移行し、それと同時に、カラーフィルター内蔵フラッシュ付きHOLGA(120CFN, 120GCFN)が新しく登場しました。

現在のHOLGA120シリーズ
プラスチックレンズ ガラスレンズ 特徴
120N 120GN ホットシュー付き
120FN 120GFN フラッシュ付き
120CFN 120GCFN カラーフィルター内蔵フラッシュ付き

120Sから120Nになりいろいろ装備品が増えた反面、HOLGAの特徴でもあった、自作6×6フレームマスクや巻き太りゆえの光線漏れなども少なくなってしまいました(ふつうのカメラにとっては欠点が減り良いことですが…)。

新旧HOLGAの違い 120S 120N
6×6フレーム ×
巻き太り防止 ×
バルブ撮影 ×
三脚穴 ×

120Nを持っている人でも、ゆるい作りのHOLGAにしたい場合は「巻き太り防止スポンジ」を引きはがし、自作6×6フレームマスクに挑戦してみるのも面白いかもしれません。

HOLGA120Sを6×6にする

6×4.5のフレームを外すだけでも、6×6の写真は撮れますがピントがかなり狂います。山マークに合わせても無限遠のピントが合ったり合わなかったりします(状況によるようです)。ピントを気にするならば何かしらフレームマスクをつけるべきですが、ピントは甘くても良い、小さいプリントの写真しか作らないというのであれば、フレームマスクなしでも大丈夫です。

スライドマウントを使う方法

最初にこの方法で、6×6サイズへ改造しました。モノクロのプリントをしようと思ったのでふつうの6×6のサイズ(引伸機のキャリアより小さいサイズ)が良かったのです。

6×4.5のフレームを外して、替わりに6×6 用のスライドマウント(1ミリくらいの厚手の紙でも可)を貼り付けるだけです。

ライドマウントというのは、ポジ・フィルムを整理保存鑑賞するために、フィルムを挟み込む真ん中があいた紙です。プラスチック製のものもありますが、紙のほうが加工しやすいです。

フレームを取り替えた場合は光線漏れする箇所があるのでその場所を塞ぎます。フィルムカウンターの撮影枚数を示す矢印を移動させるのも忘れずに。

2ヶ所の穴を塞ぐ
このままだと光線漏れする穴があるのでそこを塞ぎます。穴はカメラの真ん中の上の方に2ヶ所あります。フラッシュ付きのモデルには穴がありません。
カウンター窓の変更
裏蓋のフィルムカウンターのスライドを矢印が"12"の方を指すように動かします。マイナスドライバーなどで押すと簡単です(赤いところを破らないように)。矢印が"12"を指す→12枚撮り(6×6用)ということです。

6×4.5の枠を改造する方法

ポジ・フィルムで写真を撮り始めたときに、この方法に変えました。フィルムぎりぎりまで写せます。

枠の両端をカット
6×4.5のフレームの端を切り離します(手持ちの6×4.5の枠がなかったので、写真は6×6の枠です)。
取り付け
もともと付いていた部分にセロハンテープで貼り付けます。
図解
(断面図です)この部分を付けることによって、オリジナルのホルガとフィルムの位置が同じになります。
2ヶ所の穴を塞ぐ
光線漏れする穴があるのでそこを塞ぎます。穴は、カメラの真ん中の上の方に2ヶ所あります。ストロボ付きのモデルには穴がありません。
カウンター窓の変更
裏蓋のフィルムカウンターのスライドを矢印が"12"の方を指すように動かします。マイナスドライバーなどで押すと簡単です(赤いところを破らないように)。矢印が"12"を指す→12枚撮り(6×6用)ということです。

『巻き太り』対策

HOLGA120Sではフィルム室の空間に余裕があるため、巻き取ったフィルムがゆるみやすく巻き太りが多発します。

「巻き太り」とは、巻き軸にフィルムが緩く巻かれた状態のことを呼びます。この状態になるとフィルムとスプールの間から光が侵入し感光するので、ひどい場合には写真が真っ白になります。すこしだけ感光する場合は『HOLGA的イイかんじ』とも言えなくもないですが、この感光の度合いをコントロールするのは難しいと思います。

HOLGAの中身
窓の隙間テープをフィルムを入れるところと巻き取るスペースに貼り付けます。こうするとフィルムが緩みません。写真はフィルム巻き取り用の軸は入っていない状態です。
巻き太りのフィルム
写真の2本のフィルムは同じフィルムですが、左が普通に巻き取られたもの、右が巻き太りの状態です。これくらいの巻き太りだと撮影カットのほとんどが真っ白になってしまいます。

巻き取ったフィルムを握ってみてフィルムがベコベコする感じがすると、そのフィルムは巻き太りしています。スプールとフィルムの隙間から感光するので、遮光性の袋など(アルミ箔で良い)に入れてそのまま現像に出します。現像を頼むときに、「巻きが緩いので、暗室で開封してください」といえば大丈夫です。